Made in TOKYO うすはりグラス | 株式会社グローバル

PC版

ワインセラー・グラス・ワイングッズのことなら グローバル オンラインショップ

会員様限定特典 今なら3,000円クーポンプレゼント!お得な会員価格|購入金額10,000円(税抜)以上で送料無料

新規会員登録はこちら

Made in Tokyo
極限に薄く、軽いグラス「うすはり」

初めて手にした人は必ず驚く軽さと薄さ。透明なグラスは、飲み口のところから底面まで1ミリ以下の均一な厚さで仕上げてあり、ひとたび口にすればその繊細な飲み口で風味さえ違った錯覚を覚えます。

うすはりグラスを生産する松徳硝子株式会社は、1922年(大正11年)の創業。当時は手吹きガラスの技術で主に電球用ガラスを生産する工場としてスタートしました。起業当初は、街灯や一般家庭の電灯普及と時を同じくしていましたが、その後の1950年以降、大企業の機械化生産が進み大量で安価な電球が出回るようになりました。そこで職人のガラスを薄く・均一に吹く″技術で新しいことが出来ないかとグラス食器の製作が始まりました。

手間を惜しまず、職人の手から手へと渡り、丹精込めて作り上げられたこのグラスを、薄い玻璃(ガラス)という意味合いと、日本独自の文化、ひらがなの持つ繊細かつ柔らかなイメージを採用し、「うすはり」と命名されました。
「うすはり」は、その薄さからグラスが唇に触れた時の異物感が限りなく少なく、お酒を繊細に、より美味しく、そして美しく楽しめるグラスとして、お酒に強いこだわりを持つ方、名高い料亭、割烹、レストラン、バーにおいて広く愛用されています。

他社・他国で真似できない商品″と胸を張る確かな技術者は、「現代の名工」(片桐氏)、「東京マイスター」(片桐氏、加藤氏)、「墨田区マイスター」(片桐氏、近藤氏)にも選ばれました。現在は社内講義をもち、繊細で様々な技術を次世代へ伝承していくことにも取り組んでいます。