Made in TOKYO うすはりグラス | 株式会社グローバル

Made in TOKYO うすはりグラス | 株式会社グローバル

Made in Tokyo
極限に薄く、軽いグラス「うすはり」

初めて手にした人は必ず驚く軽さと薄さ。透明なグラスは、飲み口のところから底面まで1ミリ以下の均一な厚さで仕上げてあり、ひとたび口にすればその繊細な飲み口で風味さえ違った錯覚を覚えます。

うすはりグラスを生産する松徳硝子株式会社は、1922年(大正11年)の創業。当時は手吹きガラスの技術で主に電球用ガラスを生産する工場としてスタートしました。起業当初は、街灯や一般家庭の電灯普及と時を同じくしていましたが、その後の1950年以降、大企業の機械化生産が進み大量で安価な電球が出回るようになりました。そこで職人のガラスを薄く・均一に吹く″技術で新しいことが出来ないかとグラス食器の製作が始まりました。

手間を惜しまず、職人の手から手へと渡り、丹精込めて作り上げられたこのグラスを、薄い玻璃(ガラス)という意味合いと、日本独自の文化、ひらがなの持つ繊細かつ柔らかなイメージを採用し、「うすはり」と命名されました。
「うすはり」は、その薄さからグラスが唇に触れた時の異物感が限りなく少なく、お酒を繊細に、より美味しく、そして美しく楽しめるグラスとして、お酒に強いこだわりを持つ方、名高い料亭、割烹、レストラン、バーにおいて広く愛用されています。

他社・他国で真似できない商品″と胸を張る確かな技術者は、「現代の名工」(片桐氏)、「東京マイスター」(片桐氏、加藤氏)、「墨田区マイスター」(片桐氏、近藤氏)にも選ばれました。現在は社内講義をもち、繊細で様々な技術を次世代へ伝承していくことにも取り組んでいます。



松徳硝子 うすはり

松徳硝子 うすはり
初めて手にした人は必ず驚く「薄さ」「軽さ」。 大正時代から受け継いできた手製の電球製作技術の上に、出来上がりました。その厚さは1mmにも満たないものです。 氷がグラスにあたる音、その感触、今まで感じたことのない繊細さです。

松徳硝子 うすはりSHIWA

松徳硝子 うすはりSHIWA

緩やかな窪みが手に馴染むSHIWAシリーズ。
吹く時に使う金型は、うすはりタンブラー(窪みのないベーシックシリーズ)と同等のものですが、 グラスを型から出す瞬間、息を吸うことでグラスが凹み、独特の表情が生まれます。
息の吸い加減により、一点一点表情が異なる、手作りならではのグラスです。


ようこそ ゲスト 様
beginner 初めての方へ

初めてお買い物をする方はこちら

日本酒グラス

今、話題沸騰!
レーマン酒グラス


日本酒は、今や日本料理だけでなく、西洋料理と合わせることも多くなってきました。グラスでおしゃれに乾杯しませんか☆

サルートシャンパンオープナー

もう固いコルクも怖くない
サルートシャンパンオープナー


「あまりに簡単に開くので飲む量が増えた!」などアマゾンで高評価の口コミが続々!

グラスレンタル

グラスのレンタルもお任せ!

試飲会やイベントなど、1日だけ短期間だけ使いたい場合に便利!リーデルやテイスティンググラスも好評です!
100円〜/1脚

スマートフォンでお買い物

PCでご登録いただいたIDでスマートフォンからお買い物できます。


<シャンブレア日本公式サイト>


ファンヴィーノ ワイン・酒サーバー公式サイト


<Funvinoワインセラー公式サイト>




<SAKURA Awards公式サイト>


このサイトは、企業の実在証明と通信の暗号化のため、サイバートラストのサーバ証明書を導入しています。Trusted Webシールをクリックして、検証結果をご確認いただけます。